.jpg maniaXII -12th style-
『疾き事・風の如し』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなバカ
原幹恵くssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssっそかわいい




そんな痛さ
スポンサーサイト
ROUND.2 ~School of Destiney~
俺はやつの手を読む

相手はその裏をかいてくる

俺はその裏をかこうとし

相手はそれを読みその裏を読む

また・・

また・・・・

また・・・・・・

もしかしたら

諦めたら負けなのはこういうことか
ROUND.1
でぶが嫌い

底なしに嫌い

でぶは調子乗り

でぶはうるさい

でぶは空気読まない

でぶは暑い

でぶは邪魔

でぶはくず

でぶはゴミ

でぶは勘違い

でぶはきもい

でぶは自重を知らない

でぶはやせようとしない

でぶはうざい

でぶは本当に嫌い

でぶはでぶだからきらい

でぶは自分が好き

でぶは太っていてもそんな自分に酔う

でぶは食いすぎ

でぶはばか

でぶはおちゃめを売りにするがきもい

でぶは人のせいにする

でぶはなんでも人のせいにする

でぶは自由

でぶはニート

でぶは人じゃない

でも



「でぶ」って呼びやすい
ロンポス欲しいわ
終われば良い

全てが同時に

最後が平等であれば文句は無いのかもしれない

イライラする

糞みてぇな人間に

励ますなよ

全部偽善さ

本当に良いことなんてわかんねぇ中で

一番の偽善

良いことがプラスで悪いことがマイナスなら

限りなく0に近い優しさは

「一緒に」ってことだろ

上から見るなよ

下から見るなよ

全部遠くに見える

ゴールは存在しないかもしれない

俺が手にするものに

俺による俺のものはひとつもない
無茶富戸
何も出来ない

ここまでの俺を俺が否定する

方法はそれしか

諦めて生きるなら

とことん

俺を捨てない
その気で海豹
強い色は

混じらない

要するに

黒なのだ

しかし

柔軟である白も

きっと強い

白か黒か

どちらも良い色じゃないか



奇跡の向こう側
明日があるかわからない

不安定に気付かぬ振り

安定でなければならないことなど無いのに

隠す

人はみなそうするから

人は死ぬ

死は絶対

死は平等に近い

全員へのハンデキャップ

隠す

気付きたくないのだ

死にたくない

これも平等に近い

死への嫌悪

近くに感じる意識

平均への憧れ

仲間からの逸脱

全てがそうさせる

しかし

死ぬ

人は死ぬ

今、人は死なねばならない

本能では死を受け入れつつ

気付かせない

寝かすのだ

恐怖を

起こさない

ただひたすら、隠す

安定でありたい

まっすぐ

反れず

なるべく直線で歩みたい

出来れば、そう流れたい

それでは「お前」は完成しない

それがお前ではない

既に曲がっている

ずれている

よろしくない

お前をお前に戻す方法は

もう一度曲がるんだ

鉄は曲げなおしても元には戻らない

どうするか

溶かすんだ

人も同じ

型から外れ生まれた後

人によって曲げられる

「己」という輝き

熱で取り戻し

次こそまっすぐ輝かせる

重たささえ取り柄にする

まぶしさは形からも感じるのだ
現に起きる姦夫
わかっていた

はずだった

しかし22年間の惰性は

今この時間

そしてこの先もずっと俺を苦しめる

俺だけが耐えているのか

「そうではない」と思わなければ

生きていける気がしない

違うことが全て

自分の都合で曲げちゃいけない

俺の生き方が「今」にもあるはずだ

それこそ信じなければ

前に道を作れない

過去を斬る

過去を切る

あらゆる意味で

切らねばならない

侍ることをやめて

侍にならねばいけない

既存の意味など深くはいらない

俺の字は俺が作れば良い

ただ

俺のために
S/D/E
SWEET
DEVIL
ELECTRONICS


最近よく勘違いされるのは
「ゆうじもいい加減許してあげたら?」というもの

良心の呵責というか
みんなの偽善にも似たその心を今回は斬りたい


ヤツが悪か、俺が悪か、はたまた両方が悪か
それはそれぞれ感じることかも知らんが
実は俺は両方が悪だと思う

俺は良いヤツで居ようなんて思わない
良いヤツはこんなに粘着して殺さない
わざわざバイクで30分近くかかるとこまで殺しに行かない


そこらの雑魚もそうだけど
もうこの地で格ゲー強くなろうと意識しないとか
努力しないとか勉強しないとか
そんなんどうでもよくなった

結局俺のために俺がゲームしてるから俺は殺す
多分みんな一緒

しかし
倒したいやつを倒す
この感覚は残っている
選ぶ
俺は選ぶ
選ばないヤツは初心者狩ってんだ


その俺の選んだでぶがたまたまゆうじだった
ゆうじが俺の忍道に反していた
それが気に食わなかった
ただ、それだけ

やりすぎ
こんなことを耳にする
悪いやつはとことんやる
どんなことでも、わるいとわかっていながらやる

葛藤はある
これが正しいのか
他に方法はないのか
色んな道はあった

しかし
悪を倒すものは一体なんなのか

それは正義ではない
善や良なんかでは駆逐できない

少なくとも俺はそう考えきれない
注意か
放置か
何が一番効くのか
そして、俺が満足するのか

こいつを本当の意味で倒す
それは俺自身悪になること
混じりっ気無しの悪
純悪

徹底的に殺す
逃がしはしない
いつまでもスタイルを変えないゆうじ
それがお前の信念なら貫けばいい

だが俺は曲げない
どこでどんだけゆうじが狩ろうが
はたまた何かの拍子で狩をやめようが
もう遅い
その身をもって知るが良い
どれだけ己が小さい悪だったかを



俺は言ってみれば「範馬刃牙」みたいなもんで
ゆうじより少しだけ強ければ良い
これから先どれだけ強いやつが現れても関係ない
そこまで真剣には、もう多分取り組めないだろう
だがここにいる限り
贖罪させる

軽蔑されても良い
無視されたって構わない
はっきり言ってそれはこの格ゲー界に身を置かないやつの変な理想だ
思い描くのは勝手だが、100円払って戦うのは俺を含める彼らだ
部外者だ
部外者はただ黙ってうなずけば良い
正しさ云々すら無い




キモさ・痛さここに極まりって感じだが
俺はもちろん共感してもらいたくて今回は書いている
この世は性悪だ
格ゲーを縮図ととらえるならば

動いても、強さに縛られる
楽しめない中で己をどう動かすか

決まっている




逃げるか
戦うか







俺は決める

俺の忍道にかけて



戦うと






正ではなく

悪として
プッチおじさん
まいど

ランンキンングばっかで消化しましょうこんなブログ


記念すべきでない第2回目はー
「肥塚良彦」


まもなく始まります
ヒアウィーゴー






☆第3位
「Yellow Panic Time」
死ねロリコン



☆第2位
「Green Lime」
死ねロリコン



☆第1位
「Bitter sweet」
死ねロリコン




んだよコイツ
あまりに糞曲だらけで悩んだしw
早く死んでね^:;:;::;^^^;;:;:;;;:^^ω;^^^^^^^^:;:^^;:;@
ナポレオン
まいど

凄く間違ってるけど

このブログで


コンポーザー別TOP3をやるです
曲表は全てwikiから


第1回はこの方
「泉陸奥彦」


テンション上げてけマズ第3位!



☆第3位
「MODEL DD6 Type2」
ケン!暴力はいいぞ!


☆第2位
「JET WORLD」
起源にして頂点


☆第1位
「MODEL DD4」
あー?またお前?

いいや
ここはお前だけの席
そこに譲渡・遠慮などない

まぁいろんな人参加しますが作曲したのでね
次回は未定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。