.jpg maniaXII -12th style-
『疾き事・風の如し』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LONDON杯
スト4で勝ちたい人のための攻略ブログ①

1:落ち着く
まず落ち着く
勝ちたい気持ちを持ちながらも落ち着く
凄く大事

2:ぶっぱをさせる・自分はしない
「起き上がり」と「中距離」
どんだけ必殺技をぶっぱさせるか
するやつはアホで雑魚
んで自分は絶対にしない
たった1回でもしない
つかすんな
EXセービングは別ね
※「ぶっぱ」とはリスクのある技を相手の行動への対応とは別に出してしまうこと
 →リスキーでない技を振ることは「牽制」、起き攻め回避などでEXセービングで無敵技~隙解消なんかをかますのは「拒否」

3:時間いっぱい使う
勝ちたいなら70秒スパンで考える
SFシリーズはそういうゲーム
まだあわてるような時間じゃない(by仙道

基本中の基本は今の3つ
次は基本


4:自キャラの使える技の確認
近・中・遠距離で何を振るのか
何で相手が嫌がるのか
距離ももちろんだけどキャラによって変えていく必要アリ


5:状況別最大コンボ
隙(小中大)別に何が刺さってどれが一番ダメージが取れるのか
まず、大別してウルコンゲージがある時ない時で考えれば、撃てる時で且つ当てれる時に出すのが望ましいので、ウルコン絡みを刺せる時は必ず刺す
んで相手は逆に「俺もウルコン撃ちたい!!!!11111!!1」って三冠のアホはなるのでぶっぱを待つ
ウルコンゲージが無い時はよっぽどな状況じゃない限りスパコンはいらないので(EX)必殺技を使った小・中攻撃からの連続技をミスらず出して起き攻め
投確技後は投げでもおk


正直上の5項目を徹底するだけで三冠のうんこたれには勝てるけどもうちょっと補足

・入力は正確に
・考えてない奴には基本対応の構え(攻めて行ってもノールック昇竜でイラつくだけ)
・焦らない(70秒は意外と長い)
・削ってでも殺す(そういうゲーム)
・履き違えない

このゲームはガトリングとかゆとりなシステムはないので小攻撃から一連のコンボなんてのはない
さらに強攻撃がカウンターなどで入ると1割強のダメージと結構痛い
暴れまくってカウンター喰らってばっかいるといつのまにか「えっ?」っていう減りもしばしば
コンボを入れるのも大事だけど同等に通常技を刺すのも大事
キャラごとの特色が強いので逆にキャラ対をしっかり抑えれば大丈夫
んでぶっぱしない
そうすりゃ大ダメージは有り得ない(三冠のレベルなら)


まぁ他にもセービングアタックを使った攻防や見たことないキャラの対策などほっとんどの事できない三冠王ですが負けないための講座でした
どんなにリードしても「こいつは昇竜撃つわ」って気持ちを忘れずに
あとザンギは垂直ジャンプ多めでとにかく投げ間合いに入らないこと
とにかく逃げる、待つ
スクリューすかしたらおいしいのでそこは確実に
EXバニシング、2大Kへの確反
一回もこかされない覚悟で臨むべし
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

あざっす!!
【2008/08/23 11:41】 URL | だい #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。